杜の都日記

mabaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

薔薇のはなし

e0088639_21323336.jpg

今日,内科医のTu先生と外科医のF先生と馴染みの店で飲む機会があった。
私より年上で,飲んでおしゃべりをする分には,ただの小父さんである。

たまたま,今日「鳥インフルエンザ」の話となった。

人間は「インフルエンザ」に対して「」によって防御するんだよ。
だけど,「インフルエンザだって子孫を残すために必死に対抗する手段を考えているんだよ。」
との話をされた時,「病原菌」に対する考え方に対して,ああこの人たちはやっばり
お医者さんだったんだと再確認した。

私の「父」が病気の時,両先生に相談したことがある。
「歯に絹を着せぬ冷静な病状に対する評価」と「治療方法に対する評価」を両先生から頂いた。
「父」が遠方で入院していることもあり「疑心暗鬼」になっていた私の気持ちを和らげてくれた二人である。

そして思うことは
「この二人みたいなお医者さん(あっ忘れてたの私の主治医のK先生)」の3人は昔からある
町医者の姿なんだよね・・・・・(この薔薇ように)

オンリーワンの町医者」なんだよね。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-30 21:39
2005年 11月 29日

紅の歌

e0088639_14142542.jpg


のふり出て゛つつ泣く涙には袂のみこそ色まさりけり

「物を染める時,紅を水の中で振って溶かすけれど,血の涙で袂を染めます。
涙で袂だけ良く染まるけど,でも私の思いは通じない」

和歌での「」には深い意味がありました。

でも紅花ではありません。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-29 14:53
2005年 11月 29日

黄花の円舞曲

e0088639_795056.jpg


二つの花が踊っているように見えるでしょうか
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-29 07:37
2005年 11月 28日

小紫短誕

e0088639_19164130.jpg


色々な「ブログ」を拝見して「タイトル」の重要性に気付かされた

先輩諸氏の作成された「プログ」タイトルの中で凄い流石上手いと感動したのが「雨秒詩」である
内容は濃く,タイトルのセンスは抜群である

これからは「内容」は元よりのこと,「タイトル」も考えて作成しようと思った次第である

タイトル・・・・・「小紫短誕」・・・・
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-28 19:39
2005年 11月 28日

透青華

e0088639_1475974.jpg


今日撮ってきました。「花屋」の主人が居なかったので
いつものとおり名前はわかりません。

青い花びらを光が透過していました。・・・・・
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-28 14:11
2005年 11月 28日

先輩のはなし

e0088639_1225463.jpg

単身赴任をしていた頃の先輩Oさんとの話である。
金曜日になると「単身赴任者」は同じ「電車」に乗って,自宅を目指す。
「メンバーは仙台までは,上司のSaさん,先輩のOさん,私,それから青森に戻るSさんの
計4名である。
駅で各自「500mlのピール」を1本(中には2本買う人もいる。),そしてつまみを購入し
電車に乗り込む。
空いているのでボックス席に陣取り,車中の約1時間を仕事の反省やら,雑談をしながら帰る
のである。

ある時,先輩のOさんが普段なら「500ml」を2本飲むのに1本しか飲まず,後は「ウーロン茶
を飲んだことがあった。

「あれ?Oさんどうしたの」「体の具合でも悪いの」・・・・私以外の人が心配そうに尋ねた。

「いやーそんなことはないですよ」
「ただ,ビールの後のウーロン茶も美味しいんで」・・・・・・Oさん
その後,金曜日の帰りの電車ではOさんは必ず「ビールの後のウーロン茶」が定番となった。

そして1ケ月ほど経ってからのことである。
上司のSaさんが私に,Oさんの体の具合について聞いてきた。
やさしい部下思いの上司には「嘘」はつけず真相をはなした。

「実はあの中身は焼酎のウーロン茶割り です。」
Oさんが,駅で「ウーロン茶」を買って半分飲み,「焼酎」をいれる所を見てました。
やさしい上司Saさん「それは良かった。体が悪いんじゃないのか」「Oさんらしいや」

バレているのも知らないで
その次の金曜日の車中
上司のSaさん:「Oさん,ウーロン茶は美味しいですか」
     Oさん:「ええ,ピールの後は最高です。」
     一同 :「大爆笑

Oさんは目をシロクロさせて大変盛り上がった。

今は退職されているOさんであるが,まだ現役で「バトミントン」を継続しているバリバリの怪物くんである。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-28 13:54
2005年 11月 27日

新・花シリーズ(Part19)

e0088639_8262646.jpg

「カーネーション」淡い色の花である。

「母」の日には「赤いカーネーション」という・・・・何故だろう?
赤い薔薇」の方が喜ぶのに・・・・・・・・・・・・・・・そうか「高い」から?

「花」に感謝の気持ちがあれば,贈られた人は「」にこだわらない・・・

そう言えば,まだ家内に「」を贈ったことがない・・・・・・・(どうしよう)
あっ「花より団子」が家内の口ぐせだ
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-27 08:52
2005年 11月 27日

新・花シリーズ(Part18)

e0088639_7261535.jpg

紫色のシクラメン」も素敵である。

私は「」「オレンジ」「」色が好きである。
だから写真もこの色に偏ってしまう傾向にある。

生まれて初めて色として感じたのがこの三色なのかな?

そんな事を考えながら「ブログ」を打ち込んでいる。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-27 07:45
2005年 11月 26日

新・花シリーズ(Part17)

e0088639_21253019.jpg


観た目は地味ですけれど,いい花です。
私の腕が悪く「綺麗」に撮ることが出来ませんでした。・・・・(反省)

薔薇」とか「シクラメン」は色が鮮やかで一般的に好印象を持ちます。

この花は,写真映りが悪くても「実物 」はなかなか物で私は「」を感じました。

なんか,人間ぽっくって好きな「」の一つです。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-26 21:48
2005年 11月 26日

新・花シリーズ(Part16)

e0088639_20274539.jpg

黄色い「薔薇」です。
写真では大きく見えますが「小振り」の花です。

そう言えば,子どもの頃近所で「薔薇」を作っていた人が話していた。
その頃,世界で作られていないのは「黒い薔薇」だと・・・・
もう出来たのかな?・・・

でも,やはり鮮やかな色の「薔薇」が一番です。
[PR]

by mebaru-oyaji | 2005-11-26 20:57